ご挨拶

 

 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ は終活専門の行政書士事務所です。

 終活にはいくつもの活動があり、そういった活動を比較しながら、自分に合ったものをワンストップで探せればと思い、「相続と終活の相談 オフィスなかいえ」をスタートしました。

 

 終活という言葉は、まだ新しく、また、よく耳にする割に何を指しているのかわからないと思います。

 唯一「相続」(「相続」は終活ではありません)が一般的ですが、それですらお客様にとっては、何をすればいいのかわからないという方が多い状態です。わからないから不安に思っているのです。

 ですから、まず最初にお客様の不安な気持ちに寄り添えるようにすることが一番だと思っています。

 私たちの使命は、法律と手続きを通じて、お客様とその大切な人を笑顔に変えることだと思っています。

 こう思ったのは理由があり、それは、怪我をしたお袋の見舞いに実家に帰ったところ、お袋と親父がともに認知症であることに気づきました。

 息子としてはショックで、それを期に翌年、終活を中心とした業務で、行政書士事務所を始め、今は相続・遺言といった今までの行政書士がやっている業務に加えて、家族信託、生前整理、見守りサービスといった業務も始めています。

 千葉ニュータウンという街は、駅前近辺に民間の土地がほとんどなく、士業といわれる事務所は千葉ニュータウン中央駅近くでは、今入っているCNCビルしかなく、自宅開業も考えたのですが、終活の話を自宅でできるはずもなく、喫茶店でというわけもいかないので、事務所を借りました。