八街市の相続

八街市の相続手続きなら『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』

①親切・丁寧・相談無料

 相続と終活を専門とした行政書士が、お客様の不安を受け止め、対応いたします。

②署名押印・印鑑証明書のご用意だけで

 基本的にご用意していただくのは、これだけで大丈夫です。

 あとは、面談の席で聞いていきます。

③相続財産の名義変更をサポートいたします

 預貯金の解約、相続財産の分配、不動産の名義変更※をすべてサポートいたします。※弊所提携の司法書士が担当いたします。

 

八街市の相続でお困り、お悩みのお客様へ

 あなたは何でお悩みですか?

 ただ、悩んでいても何も解決しません。悩みというのは誰かに相談しなくては解決しません。

 その悩みが相続の手続きなら、『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』に相談してみませんか。

 

・何をすればいいのかわからない

・誰に頼めばいいのかわからない

・やらなければならないのはわかっているが、気がのらない

 

 今あなたがそういう状態であるのなら、私たちに解決のお手伝いが出来ると思います。

 相続の手続きは、ほとんどの人は何をすればいいもかわからない、という状態です。

 私たちは、お客様のそうした気持ちを受け止め、まず不安を取り去ることから始め、親切丁寧に対応していきます。

 

八街市の相続は、『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』にお任せください!

相続の専門家

 相続が発生したら、まずは【相談無料】の 相続と終活の相談室 オフィスなかいえ へご相談ください。

 自分で解決しようとしても、複雑で面倒な相続の手続きは時間がかかります。

 時間がかかると、相続人同士で不信感が芽生えます。

 その不信感がトラブルに発展してしまいます。

 

 相続は早めに終わらせましょう。

 

【相談無料】

 弊所『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』は印西市にある行政書士事務所です。当事務所は八街市をはじめとした地区を対象としてサービスを提供させていただいています。

 事務所に来れない方は、私の方からお伺いいたします。出張相談も可能ですので遠慮なくおっしゃってください。

 

八街市の相続で争いの発生する前にご相談ください。そして、相続で家庭環境を壊さないようにしましょう

八街市の相続お役立ち情報

 まず最初に必要なのは、市町村の窓口での手続きです。

 被相続人の市町村、相続人の市町村の両方が必要になってきます。

 

 そして、被相続人が不動産を持っていたのなら、その市町村を管轄する法務局での手続きが必要になります。

 

 そして、被相続人が預貯金を持っていたなら、銀行での手続きが必要になります。

 

 以上3つの手続きが必要になりますので、ご理解しておいてください。

 

【行政窓口】

 

八街市役所:289-1192 八街市八街ほ35番29

      043-443-1111

      043-443-1120(市民課)

  

 

【八街市を担当する不動産登記管轄法務局】

千葉地方法務局佐倉支局 ➤:285-0811 佐倉市表町1丁目20番地11

      043-484-1222

 

【金融機関】※銀行の名義変更は各支店で行うことがあります。その場合、相続人のそばの支店で行うわけではありません。相続人の負担の大きい手続きですし、多少の知識が必要です。

 ゆうちょ銀行はどちらの郵便局でも手続き出来ます。※簡易郵便局についてはお問い合わせください。

 

八街市の農地

 相続財産に、農地が含まれていると、農地法の制約を受けます。

 

 八街市には231,159aの農地があり、212億円の産出額があります。

 そして、八街市の耕作放棄地率は17.63%です。

 

 耕作放棄地とは耕作放棄地」 農林業センサスにおいて、「以前耕作していた土地で、過去1年以上作物を作付け(栽培)せず、この数年の間に再び作付け(栽培)する考えのない土地」とされ、農家等の意思に基づき調査把握したものです。

 

 

 このように、相続財産に農地が含まれている場合は、弊所に連絡ください。

 

八街市の情報

 八街市(やちまたし)は、下総台地上にあり、基幹産業として近郊農業が盛んであり、ピーナッツの生産量は日本一です。

 下総台地とは:  昔の国名である「下総(しもうさ)」は今の「北総」の別名で、現在では千葉県の北部を指します。この地域は、ほとんどが北総台地(下総台地)とよばれる広大な台地上に位置しており、現在では、千葉県有数の農業地帯となっています。特に野菜の栽培は全国でも有数の生産高を誇り、隣接する首都圏への食料供給基地として重要な役割を担っています。

   北総中央農業水利事業は、この台地のちょうど中央部、千葉市、成田市、佐倉市、東金市、八街市(やちまたし)、富里市、山武市(さんむし)にまたがる地区で行われています。

 

 防風保安林とピーナッツ(ラッカセイ)の野積みによる特徴的な農村景観は、文化庁の農林水産業に関連する文化的景観に含まれています。

 179ヘクタールの森林が防風保安林に指定されており、明治時代に入ると明治新政府の政策により、江戸幕府の放牧地であった小金・佐倉両牧の開墾順序ではなく開墾の計画順に新しい地名が付けられ、8番目に予定されていた入植地として八街と命名された歴史をもっています。市名は難読地名として知られています。

 

相続全体の目次