八千代市の家族信託

 まずは下の動画を見てください。

 そして、家族信託のイメージを捉えてください。

0120-47-3307

相続と終活の相談室 オフィスなかいえ

 

八千代市で家族信託なら         『相続と終活の相談室オフィスなかいえ』

『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』が 八千代市で選ばれる3つの理由

1⃣家族信託専門士がいます

 家族信託普及協会認定の家族信託専門士がいます。

 

2⃣財産の資料・記名押印のご用意だけで手続き

 基本的に、お客様にご用意いただくのは、財産の資料と委任状を頂くための記名押印だけ。

 

3⃣親切・丁寧『お客様に寄り添った契約書作成』

 家族信託専門士が、お客様の身になって対応させていただきます。

 

八千代市で家族信託に興味があり、組成出来る事務所をお探しのお客様、ここに【家族信託専門士】がいます

 「家族信託」といっても、まだまだその名前を知っている方は少なく、そのため、北総線の千葉ニュータウン中央駅の階段を下りたところに、「家族信託」の看板を作りました。

 これでお客様がを呼び込もうというわけではありません。少しでも「家族信託」という言葉を普及させたいと思って作成しました。「あ~、そういえばそんな看板見たな」といっていただければ成功だと思っています。

 

 家族信託の説明は、この後させていただきますが、その背景だけこちらで説明させていただきます。

 家族信託は、私たち『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』では終活の一環として扱っています。この終活という言葉もまだ新しく、何を指しているのかわからないと思います。

 終活(しゅうかつ)とは、「人生の終止符に向けての活動」の略です。誰もが避けられない終止符を意識して、その日までを安心して楽しく過ごすための準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉です。

 主な事柄としては、生前のうちに自身のための葬儀や墓の準備、亡くなった後の事務を委任する死後事務委任や、残された者に迷惑がかからないようにする生前整理、のこされた者が自身の財産相続を円滑に進められるための計画を立てておく遺言や家族信託などが挙げられます。

 

●エンディングノート

●遺言

●家族信託

●死後事務委任

●任意後見契約

●見守り

●生前整理

等々が出てくると思います。

 

 今の日本では、この終活に該当する行為はあまり進んでいません。例えば遺言にしても、「縁起でもない」の一言で話は止まってしまいます。自分が死んだときのことを前提とした話には、なかなか入っていきません。

 

 他の終活と同様、財産をお持ちのご本人様がその気にならなければ、話が進まないという状況です。それでも、お子様たちが、家族信託を知って、全員で親に家族信託を勧めて契約を成立さてたという事例も多く、もし、ご本人があやふやな状態であるなら、家族信託専門士が説明に上がりますので、ご利用ください。

 

八千代市でひとつでもあてはまる方は、『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』へ相談ください!

八千代市において『相続と終活の相談 オフィスなかいえ』に任せていただくメリット

1⃣近い

 家族信託専門士がいる事務所は、そう多くありません。それも、こんな近くに、家族信託専門士がいるとは思っていなかったでしょう。

 弊所『相続と終活の相談室 オフィスなかいえ』は印西市にある行政書士事務所であるとともに相続終活専門に行っている行政書士です。また、家族信託普及協会で家族信託専門士として認定されています。

 八千代市は印西市の隣町です。すぐに駆け付けることが出来ます。

 

2⃣家族信託専門士がいます

 当事務所には、家族信託専門士※がいます。

※家族信託普及協会の専門士として、家族信託を普及し多くの皆様にご活用いただくため、具体的な契約書作成等に実務を担う「家族信託専門士」として認定されたものです。

 

  「家族信託が出来ます」と看板を出している、行政書士、司法書士でどれだけの方が専門教育を受けているでしょうか。教育も受けずに、専門書だけで看板を出してはいませんか?

 私たち家族信託普及協会のメンバー(家族信託専門士)は下記教育を受けています。

お客様の要望を受けて

 

信託組成が適切であること

・信託のスキームの立案

・信託契約組成に関わる見積書の作成

・信託契約書の作成実務

・公正証書作成支援、信託登記実務

・信託組成後の継続フォロー(信託監督人、受益者代理人など)

といった部分が、家族信託専門士の領域となります。

 

3⃣家族信託だけでなく、終活全般を行っています

 相談に来られたお客様を、すべて家族信託に導くのではなく、他に適切な終活があるのであれば、そちらを勧めます。

 多くの家族信託をやられている方は、他の終活をほとんど知りません。唯一、出来るのは遺言くらいでしょうか。

 

4⃣契約前に家族信託の説明をしています

 家族信託はまだ知られていません。知っているという人でも、説明を受けると、「そうだったんですね」ということも多いです。ですから、最初に説明を差し上げます。そして、お客様の希望と一致すれば契約となります。お持っていたのと違う場合は、違う終活をお勧めいたします。

 

5⃣面接、契約に関して、お客様に負担はかけません

  お客様に持参いただくのは、財産内容と委任状を書いていただくための記名押印だけです。

 契約はまだというのであれば、抽象的な話になりますが、その場合何も必要ありません。

 

 家族信託は、すべての財産を信託するわけではありませんので、財産がわかるものをすべて持ってきていただく必要はありません。しかし、契約書に書いていない財産は、家族信託に含まれないために、効力を発揮いたしません。

 

6⃣地域密着でスピードと柔軟性を実現、そのため自宅等へ伺います

 「最初の面接以外であったことない」ということはありません。お客様が拒否しない限り、何度も途中経過の説明でお会いすることになるでしょう。

 

超高齢化がもたらす八千代市の新たな課題

●わが国の人口構成

 総人口に対し、65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率といいますが、

・7%を超えた社会を「高齢化社会」

・14%を超えた社会を「高齢社会」

・21%を超えた社会を「超高齢社会」

と言います。日本はすでに高齢化率27.7%に達しています。(2017年の調査)

 

 「超高齢社会」というと、その言葉から高齢者の総数が増えているように錯覚しますが、下記グラフからもわかる通り、65歳以上の高齢者人口に大きな変化は見られません。

 つまり、日本の超高齢社会の問題は、寿命が延びたからというわけではなく、一組の夫婦が産む子供の数が2人以下になって、人口が減ってきていることが原因なのです。

 街によって高齢化率が発表されていますが、若い人が入ってくれば低くなりますが、ただそれだけのことで、本来の解決でそうなったのではないということです。

 市町村対抗『労働人口の奪い合い』で、労働人口が多ければ市町村に入ってくる税金が増えるので、そのために街を開発したりしているのです。

 ご存じの通り、我が国の平均寿命は、

男性 81.25歳(世界第3位)

女性 87.32歳(世界第2位)

と高い水準にあります。

※2019年7月発表

 

 ではこの超高齢化社会がどういった問題を抱えているのでしょうか。

 超高齢化社会における財産管理には大きく2つのリスクがあります。

 一つは、認知症などの判断能力の低下・喪失により、本人の資産を本人や家族が自由に動かせなくなる、いわゆる「資産凍結」です。

 もう一つが「長寿」です。長寿をリスクというのはおかしな話だと思うでしょう。今日では医療・介護等の発達により上記のように日本の平均寿命は延びています。健康な状態で伸びればよいのですが、一方で介護や入院費が予測できない状態で寿命だけが延びていることも考えられます。

 自分の財産は自分のために使いたい、特定の子や孫にあげたいと思っていてもそれが出来ないということが発生します。

 

 以上が、超高齢化がもたらす新たな課題なのです。

 

 家族全員が協力し合って長生きを応援することが望まれます。それにより、家族の負担も軽減できる仕組みを作り上げることが必要です。「家族信託」は、そのための一つの選択肢と考えられるのではないでしょうか。

 

八千代市の人口と高齢化率

 八千代市の人口は200,275人です。(令和2年4月1日現在))

 高齢化率は、25.0%で、65歳以上の高齢者は50,143人いらっしゃいます。

 高齢化率25.0%というのは、千葉県の平均27.0%、全国の平均28.7%と比較すると、いたって若い街と言えるでしょう。

 ところが実際に住んでみると、にわかに信じない人たちがいるのです。それは、周りでそんなに若い方が住んでいないからです。

 これがニュータウンを始めとした新しく開発された町の特徴で、計画的に土地を開発したところから家屋やマンションを建てて、一斉に入居しています。その開発ブロックごとに、年代が概ね揃っているのです。ですので、皆さんが住んでいる地区には若い方が少ないのです。

 この特徴は、高齢化率にも影響します。高齢化率というのは、総人口に占める高齢者数(65歳以上の数)の割合です。ですから、平均年齢ではないのです。

 極端な例をお話いたしますと、総人口が100人いて、65歳以上の方が0だとします。高齢化率は0%です。ところがその100人の内訳が全て64歳であるとしたら、来年全ての人が65歳になりますので、高齢化率100%になります。

 先ほどお話したように、ニュータウンという街は開発のたびに人口が増えていますので、どこかで急に高齢化率が増える可能性があるということです。

  八千代市の場合、45~49歳の年代が一番多く、その層が高齢化すると、高齢化率は33.49%になるという予想があります。

 ですから、行政に助けてもらうんでなく、自分達でその対策をしなくてはなりません。私たちは家族信託でそれを達成しようとしています。

 

八千代市の家族信託お役立ち情報

 家族信託は私文書だけでいいかというと、そうもいきません。

 口座凍結を防がなければならないので、銀行の承認が必要となります。銀行が認めないのに、自分達だけで話を進めることはできません。

 銀行の承認、つまり家族信託を公に認めているかどうかです。信託口口座が出来るから大丈夫だと思っていたら、いざその時が来た時に口座凍結になってしまった、ということでは何の意味もありません。

 千葉県にある銀行では、

三井住友信託銀行

オリックス銀行(ネット&郵送)

 地銀では、

京葉銀行

千葉興銀

が対象の銀行です。

 八千代市の場合、三井住友信託銀行京葉銀行千葉興銀があり、また、オリックス銀行(ネット&郵送)も使えるので安心です。

 たいていの場合、銀行は契約書を公正証書にすることを要求してきます。

 その場合の公正役場は、指定がないので、どこでもいいと思います。ただ、公正役場には本人が我々と一緒に行かなければなりません。

 いくつかの公正役場をリストアップしておきます。

 

千葉公証役場   :260-0015 千葉市中央区富士見一丁目14番13号

               (千葉大栄ビル8階)

                043-224-1408

                043-227-3661

成田公証役場   :286-0033 成田市花崎町956番地

                0476-22-1035

 

船橋公証役場   :273-0011 船橋市湊町2-5-1(アイカワビル5階)

                047-437-0058

市川公証人合同役場:272-0021 市川市八幡3-8-18(メゾン本八幡ビル205)

 

                047-321-0665

 そして、土地や家屋に関しては、登記が必要ですので、管轄の法務局になります。

 八千代市に土地と建物があるのであれば、

千葉地方法務局船橋支局:273-8558 船橋市海神町2丁目284番地1

     047-431-3681

で、登記の変更が必要になります。

家族信託対応エリア

対応エリア:(千葉県全域)千葉市,銚子市,市川市,船橋市,小室町,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市,酒々井町,栄町,神崎町,多古町,東庄町,九十九里町,芝山町,横芝光町,一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町,大多喜町,御宿町,鋸南町

行政上エリア:東葛飾地域/葛南地域/印旛地域/香取地域/海匝地域/山武地域/夷隅地域/安房地域

対応エリア:(茨城県全域)水戸市,日立市,土浦市,古河市,石岡市,結城市,龍ケ崎市,下妻市,常総市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,笠間市,取手市,牛久市,つくば市,ひたちなか市,鹿嶋市,潮来市,守谷市,常陸大宮市,那珂市,筑西市,坂東市,稲敷市,かすみがうら市,桜川市,神栖市,行方市,鉾田市,つくばみらい市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町,東海村,大子町,美浦村,阿見町,河内町,八千代町,五霞町,境町,利根町

行政上エリア:県北,県央,県西,県南,鹿行

対応エリア:(兵庫県一部)相生市赤穂市たつの市姫路市太子町上郡町

行政上エリア:西播地域