家族信託は【家族信託専門士】にお任せを!

あなたの財産を、誰に、何を、どのように 残すか、私たちはそのお手伝いをいたします。

家族信託とは

一般財団法人 家族信託普及協会

 家族信託は財産を持つ人(委託者)が自分の老後の生活や介護などに必要な資金、不動産の管理や、自社株の議決権の行使などを、信頼できる家族(受託者)に託し、受益者(たいていは委託者)のために管理や処分を任せる仕組みです。信頼できる家族等に託すので、家庭裁判所等の監督を介する必要はなく、成年後見人等の高額な報酬は発生しません。新しい財産管理対策と遺産分割対策の手法です。

 

 家族信託の具体例をいくつか紹介させていただきます。

 

 【家族信託ケース1 認知症対策】

 典型例は認知症対策です。

 本人が認知症になってしまうと、財産の管理(不動産の管理、売却等)ができなくなってしまいます。

 「うちは自宅とわずかな退職金しかないよ」と言われるかもしれません。でもそのあなたが認知症になってしまったら、病院や施設に入るお金が必要になってきます。そのためのお金を自宅を売って出さなければならないかもしれません。なにもしてないと、あなたが認知症になったあと、自宅は売れませんし、定期預金も下せません。

そこで、本人が認知症になる前に家族に財産の管理を信託をします。信託しても所有権は本人のままです。

 そして、その後で認知症が発症されても上記財産管理は行えます。

 また、認知症になってからでは遺言書も認められない可能性があります。

 

【家族信託ケース2 親なきあと問題】

 年老いた親にとって、障害を抱えた子の将来ほど心配なことはないでしょう。

 自分が亡くなった後、または認知症になってしまったあと、残されたお子様はどうなるのでしょうか。

 できるならば、全く知らない人や法人に面倒を見てもらうより家族や親族にお願いしたいところです。

 多分その子は成年後見制度を利用することになるでしょうが、成年後見制度を活用するだけだと、財産はほとんど動かせずその子のために使うことができません。また、その子のために残した親の財産がその子がお世話になった施設等に寄付することもできません。その子は遺言を書く能力がないため、その子が亡くなった後、その財産は国庫へ帰属してしまいます。

 よって、家族信託と成年後見制度を併用する方法が考えられます。

 

【家族信託ケース3 子がいない夫婦の財産承継】

 子供のいない夫婦で、妻が親の遺産を相続していました。妻には兄弟姉妹の子供がおり自分が亡きあとは甥姪に財産を残したいと思っています。しかし、何も対策をとらなければそれはかないません。妻の財産は夫に3/4相続され、その後夫の兄弟姉妹に相続されていきます。ご自分の兄弟姉妹にも1/4相続され、その後甥姪に相続されていきますが、思っていたほどの金額を残せなくなるのです。

 夫婦でお互いに遺言書を書きあうことによって、財産承継先を指定することができますが、遺言はいつでも撤回することができますので、この場合家族信託を考えることがリスク回避になると思われます。

 

【家族信託ケース4 共有不動産のトラブル回避】

 親の財産を相続して、共有状態にしていませんか。

 その共有者が一人でも認知症になったら、建替えや売却ができなくなってしまいます。たった一人のためにそれができなくなってしまう可能性があるのです。

 共有の持ち分に信託を設定することで、共有者の意識低下による実行不能リスクを軽減できるのです。

 

【家族信託ケース5 二次相続・三次相続】

 遺言では、引継ぎ先を連続して指定することはできません。ところが、家族信託では一回目の相続は妻に、二回目の相続は甥姪にというように二次相続以降も引継ぎ先を定めることができるのです。

 再婚している方や子供のない夫婦が活用するといいでしょう。

 

【家族信託ケース6 口座凍結対策】

 葬儀費用等本来は自分の葬儀なのに、残されたものが払っています。

それは、亡くなった人の銀行口座が凍結されてお金が下せなくなっているからです。

 特に、定期預金等は本人でないと下すことができません。

 事前に信託しておけば、その信託口座は凍結の対象ではなく、そこから払えるのです。 

 ただし、喪主は香典というかたちで贈与を得るのですが。

 でも、今は銀行の口座凍結は家族からの請求がないとほとんどないと聞きます。

 

【家族信託ケース7 ペットの信託】

 ペットを飼っているが、自分が亡くなったあと子供が住んでいるのマンションでは動物が飼えないため引き取り手がいない。そういったことが最近のマンションではよく起きています。だからと言って、ペットを殺処分することができますか。

 そういった場合に、ペットを預けるところがあるのです。ペット信託を使ってペットと飼育料やエサ代を信託するということができるのです。

 今では、ペットは家族とみてよい存在なのです。

 以上のケース以外でも、人の生活は様々ですのでまだまだ出てくると思います。

そうした思いを、もしかして家族信託で解決できるのではないかとお思いであれば、当オフィスなかいえの家族信託専門士にご相談ください。

家族信託専門士がご相談に応じます

【印西市】【白井市】【小室地区】【栄町】

家族信託の

ご予約・お問い合わせ

行政書士 オフィスなかいえ へお問い合わせ・ご予約は以下のフォームから受け付けております。

また、お電話・FAXでも受け付けております。(☎ 0120-47-3307・・・月~金 10:00~20:00

                                 土曜  10:00~15:00

                      FAX 0476-38-4188・・・24時間受付中)

メモ: * は入力必須項目です

お知らせをいただいたあと、2営業日以内にお返事いたします。

万が一、お返事が届かなった場合は、お手数ですが、もう一度こちらのフォームからお問い合わせいただくか、お電話(0120-47-3307:月~金 10:00~20:00 土 10:00~15:00)いただけますと幸いです。

印西市/白井市/栄町/鎌ケ谷市/八千代市/船橋小室地区/我孫子市/柏市

家族信託